• ホーム
  • 育毛薬で一番効果的な薬って何?

育毛薬で一番効果的な薬って何?

鏡を見て、髪を気にする男性

薄毛が気になっている人の中には、一番効果的な育毛薬を探して情報を集めているという人も多いことでしょう。
育毛薬によって薄毛改善の効果を得るには、まず自分の薄毛の原因を知り、それに合わせた薬を使うことが大切であることはもはや常識となっています。
例えば、フィナステリドは育毛薬として有名ですが、男性型脱毛症(AGA)特有の薄毛になる原因物質を抑える働きを持つ薬なので、AGAの患者さんには効果的な薬となりますが、そうでない場合は効果が期待出来ません。
また、AGAの患者さんでもフィナステリドの効果が感じられず、同じくAGAとなる原因物質をフィナステリドよりも多くの種類で抑えられるデュタステリドに変えたら薄毛改善が実感出来たというケースもあります。
デュタステリドを有効成分とする育毛薬は、最近までは同じ成分で薄毛改善効果が知られていた前立腺肥大症の治療薬がAGA治療クリニックなどで処方されていましたが、2015年9月に厚生労働省からこの薬が「男性における男性型脱毛症」の効能・効果で製造販売を承認されたため、今後ますます利用者が増えることが予想されます。
デュタステリドはAGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制することで薄毛の進行を止めますが、それと同時に毛髪数の増加や、硬毛数及び毛髪の太さの増加の面でも効果があることが臨床試験で確認されたと発表されているので、期待が出来る薬と言えるでしょう。
それから、AGA治療の育毛薬にはミノキシジルを有効成分としたものもよく使われています。
ミノキシジルは血管拡張によって頭皮の血行を良くしたり、発毛サイクルに働きかけることで発毛を促す薬となっており、頭部に塗るタイプの外用薬はフィナステリドと併用すると効果的だと言われています。
育毛薬は続けて使うことで効果が感じられることも多いので、気長に使ってみて自分にとって一番効果的な薬を探すのがおすすめです。